一言で言えば、スマホの料金が安くなる方法です。 なぜスマホ料金が安くなるのかと言えば、安い通信キャリアに変更することができるようになったからです。 今まではドコモ、au、ソフトバンクがほとんどですよね。 そしてドコモで買ったらドコモ限定のSIMカード、auだったらau。ソフトバンクは当然ソフトバンク限定だったのです。 これをSIMロックといいます。

 

でも2015/05/01〜 SIMロック解除の命令が下されたため、これからは安い通信事業者(MVNO)へ変更できるようになったんですね。 わかりやすくいえば、飛行機。 LCCの格安航空がでてきて搭乗料金が安くなったのと同じようなことです。

 

つまり、JALやANAからピーチを使うようになれば安くなるように、ドコモ、au、ソフトバンクからイオンやDMMなどの安い通信事業者(MVNO)へ変更すれば、スマホの料金を節約できるんです。 だから格安SIMや格安スマホ、なんて言われ方もするんですね。

 

 

 

格安スマホって聞いても、ふ〜ん。くらいにしか思ってなかったんですが、格安SIMに乗り換えればスマホ料金が半額になる!なんて記事を目にすることが多くて気になったんですね。

 

 

 

でもSIMロック解除とか言われても今まで別に不便はなかったので、いまいちピン!と来なかったりするんですよね。それに面倒くさそうだし・・・

 

SIMってのはケータイやすまほに入っている、ICカード。 たとえばアイフォンをソフトバンクで契約していたなら、アイフォン+ソフトバンクのSIM。 ドコモでエクスぺリアを使っていたなら、ドコモのSIMでエクスぺリアを使っているわけです。

 

 

 

で、なんでSIMフリーになるとスマホの料金が安くなる理由は、ソフトバンクやドコモよりも安いSIMを使うことができるようになったからですね。

 

安い料金プランに変更できる。 と思ったほうがわかりやすいかも。

 

でも、全員が安くなるわけじゃなくて、安くなる可能性が高い人が大勢いる、という状況。 だからまずは、あなたの現在の状況次第で、大幅に料金が安くなるかもしれないし、今が一番安いかもしれません。

 

 

 

SIMフリーでスマホの料金を下げるには、まず自分の状況(プランや利用頻度)をチェックすることなんですね。

 

 

 


 

支払いに便利な無料で作れるカード

楽天カードなら楽天ポイントがさらにお得

 



 




 

SIMフリーの選び方

 

2015年の5月から、SIMロック解除が義務化。キャリアから発売されるスマホはSIMロック解除しなくちゃならないんですね。 だから何?というと、MVNO規格の安いSIMカードを利用することができるようになるんです。

 

今まではSIMカードの交換ができないので、ドコモ、au、ソフトバンクなどの高額な通信料のみだったのが、安い所に乗り換えられるようになったってことなんですね。 そのためイオンだとかビックカメラなんかでも、格安スマホが登場してきたのです。

 

ただ、SIMなんて言葉もわからないし、手続きが面倒なんじゃない・・・? と思いますよね、私も思ってました。 ところがそれを簡単にするのが、SIMロック解除のタイミングなんです。2015年の5月1日から、SIMフリーが解禁になるので格安スマホに変更するのが当たり前になります。 なので雑誌とかでもどんどんでてくるので、あなたもムダな通信料で損をしないようにしましょう。

 

 

 

 

SIMフリー スマホ(キャリア契約なし)

 

今までの機種変更は、機種変更+SIMのキャリア変更なし でしたが、SIMフリーとなると、スマホ(端末)×SIMの選択になります。 この時に格安SIMのMVNO(回線業者)を選ぶことで通信料が安くなるんですね。

 

で、SIMの何がフリーなのかというと、今まではSIMロック状態だったんですね。 ドコモのスマホを買ったら、ドコモで契約するしかない。 ソフトバンクのiPhoneなら、ソフトバンクと契約する。 当たり前のようですが、これこそガラパゴスルールだったんですね。 で、法律でこのような悪しき状態はよろしくないと、SIMロック解除になったんです。

 

整理すると、、、 SIMロック解除になったのでSIMフリーになった。 そのため、スマホと通信会社の組み合わせが自由になった。 MVNO(通信会社)は、ドコモ、au、ソフトバンク以外にも安い会社が搭乗した。 安い業者に変更することを、格安SIMや格安スマホ、なんて言われるようになっているわけです。

 

じゃぁ、そろそろ機種変更しようかな・・・ と思っていた場合。  まず新しいスマホを選びます。 そして、MVNO(仮想移動体通信事業者)と契約して、SIMカードをゲットします。 新しいスマホにこのSIMカードをセットします。 ちなみに、古い機種のSIMカードは解約時にキャリアへ返却します。 これだけで、格安の通信料に変更できるのです。 注意点としては、SIMカードにはサイズがあります。 microSIMやnanoSIMによってカードの大きさが違うので、同じサイズのを選ぶのがいいですね。

 

現在のSIMカードがマイクロSIM。 ドコモのパケホーダイ利用の場合。 の場合で具体例を挙げると・・・ スマホは「ASUS ZenFone 2」にしよう。カードもマイクロSIMのサイズだな。 最安値店で購入した。  で、先月の通信料が2GBだったので、3GBプランの月額1000円のキャリアと契約した。 この場合、パケット料が4200円 → 1000円になるってことですね。

 

ただ実際には通話やSMSなどのバリエーションがあるので、あとは自分の利用プランに合わせて業者を選ぶってことです。 特に2代持ちの場合は、どちらかを専用機にするだけで、簡単にスマホ代が節約できますね。  

 

 

 

 

 

SIMフリー端末

 

 

SIMフリーとは?

 

一言で言えば、スマホの料金が安くなる方法です。 なぜスマホ料金が安くなるのかと言えば、安い通信キャリアに変更することができるようになったからです。 今まではドコモ、au、ソフトバンクがほとんどですよね。 そしてドコモで買ったらドコモ限定のSIMカード、auだったらau。ソフトバンクは当然ソフトバンク限定だったのです。 これをSIMロックといいます。

 

でも2015/05/01〜 SIMロック解除の命令が下されたため、これからは安い通信事業者(MVNO)へ変更できるようになったんですね。 わかりやすくいえば、飛行機。 LCCの格安航空がでてきて搭乗料金が安くなったのと同じようなことです。

 

つまり、JALやANAからピーチを使うようになれば安くなるように、ドコモ、au、ソフトバンクからイオンやDMMなどの安い通信事業者(MVNO)へ変更すれば、スマホの料金を節約できるんです。 だから格安SIMや格安スマホ、なんて言われ方もするんですね。

 

 

 

 

 

更新履歴